初期設定

ここでは、BOOXタブレットの電源起動時から、通常通り使えるようにするため初期設定について紹介します。

電源起動時からホーム画面へ

①画面上部にある電源を長押しした後に【Choose Language】(言語選択)画面が現れます。日本語は後ほど【設定】から変更できます。この段階では、【English】をお選びください。

②【Choose Screen Timeout】スリープモードになるまでの時間を設定します。

③【Choose Power Off Timeout】パワーオフになるまでの時間を設定します。

④【Choose Network Inactivity Timeout】Wifiの起動時間を設定します。時間経過後は自動的にWifiがオフになります。

⑤【Choose Time Zone】タイムゾーンをお選びください。画面下部に矢印があります。9ページ目にTokyo,Osakaがあります。

⑥【Choose Day And Time】をお選びください。時間帯については後ほど自動設定もできます。

この6つの作業が終了するとホーム画面が現れます。

 

ホーム画面から日本語化へ

画面下部の【Settings】をお選びください。

①左のアイコンを見ると、上から2番目に【Language】のアイコンが出てきます。そのアイコンを押すと、さらに【Language】と出てきますので選んでください。

②【Luanguage&Input】になります。【Language】を選択してください。

③この中に【日本語】があります。ただし、現行では【日本語】を選んだとしても【英語】を中心として表示されます。

Wifiの設定とアップグレード

画面下部の【Settings】をお選びください。

①左のアイコンから【Network】をお選びください。上から二つ目の【Wireless Setting】を選択します。

②利用可能なネットワークをオンにした上でWifiにおつなぎください。

③次にアップデートを行います。【Settings】→【About】を選択すると、【System Update】が表示されます。【Check update from cloud】をお選びいただくと、updateが可能な場合はここに表示されます。アップデート後はGooglePlayの有料アプリが使えなくなる場合がありますが、Google日本語入力をインストール後、しばらくお使いいただくとGooglePlayがアップグレードされるのか、有料アプリが使えるようになります。

③-2(5月13日)、現在、アップグレードを行いますとお持ちのアカウントで購入済みの有料アプリが再度課金するよう要求されてしまいます。そのため、現状でGooglePlayが使えるのであればアップデートはもうしばらくお待ちください。

上記のアップグレードによってKindleのページめくりに関する不具合が解消されているようです。

④その後はグーグルプレイに接続してお好きなアプリをダウンロードすることができます。